株式会社アルファエンタープライズ

無線環境の最適化 Optimization Electromagnetic Environment.

昨今、携帯電話キャリア各社の不断の努力により、多くの屋内環境が改善されてきました。利用者の多くが屋内外を問わず携帯電話を利用する事が出来るようになり、最後のモバイルフロンティアも開拓が進んでおります。特に多くの地下エリアでの携帯電話が可能になった事は、皆様も気づかぬうちにご利用になられた事と思います。

しかし、ここで問題が一つ発生いたしました。屋外エリアの通信用周波数帯と屋内エリアの通信用周波帯との干渉です。

私たちは数多くの屋内電波環境調査の経験から、電波環境の品質向上のための電磁波遮蔽素材を利用し、効果的な干渉対策について模索してまいりました。お客様の室内環境を顧みて、機能性・空間性の両立を計る為、フィルム・カーテン・建材など、さまざまな遮蔽媒体にて干渉を防ぎます。

私たちは、この干渉を排除し、屋内外の携帯電話通信の品質を高めてまいります。

携帯電話の外来干渉波対策

ビル高層階の窓際、見通しが良好にもかかわらず、携帯電波の音声が聴き取りづらい・・・。あるいは、屋内アンテナを導入しているにもかかわらず、通話しづらい場所がある。このような場合、電波干渉が原因である可能性があります。窓に電磁シールドフィルムを貼ることで、外来干渉波を減衰し、屋内電波環境を整理いたします。比較的小規模な対策で効果があるため、迅速な点が長所です。

屋外干渉波減衰を表す図

また、2005年4月1日に施工された「個人情報保護法案」は情報漏えい事件が発生する度に、マスコミが大きく取り上げております。

取り分け、違法アクセスという面に目を向けると、外部からの侵入・攻撃・ハッキング事件が規模の大小の違いこそあるものの、後を絶ちません。無線通信技術を生業といたしております私たちから一言提言させて頂けるのなら無線LANの通信波は、屋外へも達しており、無線LAN周波帯も容易に掴めると言わざるを得ない状況です。

無線環境の最適化技術を応用し、無線LAN波を室内に反射させる事により、屋外への無線LAN波の遺漏を防ぎます。

無線LANのセキュリティレベルの向上

無線LAN使用フロアを電磁シールド化することで電波の漏洩を阻止します。
外壁の全建材が対象となるうえに完全な遮蔽が要求されるため、期間がかかります。

屋外無線LAN電波漏洩を阻止する図

電磁遮断コンサルティング

いずれの場合も無線環境調査を実施し、効果性を分析解析いたします。